月 の 上

2019振り返り: レベル上げの1年

生活

今年はとにかく娘の年だった。 生まれたのは9月だけど、妻の妊娠中もいろいろと準備しないといけないので、振り回されて気がついたら1年が終わっていた。

半育休は最初の頃かなり精神的に厳しかったけど、娘がめちゃくちゃかわいいのでプラマイでいうとプラス3297929億点、という事で今は幸せにやれている。

これからも20年くらい振り回されるんだろうなあ。

夫婦で生活していると、俺の人生に対する俺のワガママと、妻の人生に対する妻のワガママとのバランスを取るのが難しいな〜と思う事があるんだけど、子供の場合、ともすると親のワガママにばかり子供を付き合わせてしまうことにならないか、という心配があるが、まあメチャクチャ可愛いからどうにかなるだろう……多分

VJ / 映像

今年はVJだけじゃなくて、常設展示用の映像とか、ライブ用LEDの映像など、成果物を納品するタイプの仕事もやってみた。 AfterEffectsでバチバチの映像を作るっていうのは苦手なんだけど、空間に置きっぱでジェネラティブな映像を出す作品はまあまあ得意らしい。

VJは、DOMMUNEでバッチリハマって気持ち良かったのと、サマソニで思うようにやれなかったのが大きかったな〜。 今の僕が出せる絵が、世の中のどういうシーンにマッチしていて、どういうシーンで求められる絵とどう違うのか、というのがなんとなくわかってきた。

SMTP++で定期的にVJさせてもらえるのは大きい。毎回VEDAで同じやり方でVJをしていたんだけど、そろそろ他のやり方でも「普通のVJ」をできるシステムを組んでみたい。Resolume買ったし。

娘が生まれてからはオファーを全て断ってきた。 1月からは職場にも復帰するし、娘も少しずつ落ち着いてきたので、そろそろ活動を再開しようかと思っている。 VJオファーくださいね〜〜

会社の仕事

今年は育休の影響もあり、表に出た仕事は少ないけど、いろいろと話は進んでいる。

今年は、チームの構成や役割が案件によって異なり、どういう風に振る舞えばいいかが難しかったな。アドバイザーとしてMTGに招かれたけど、一体その後どこまでSlackを追えばいいの?とか、共同開発のワークフローや環境整備は俺がやっていいの?とか。

ただ、ZIG SIM PROの開発では実装切り込み隊長みたいな役割になり、割と向いている事がわかったのは良かった。

技術的には、Kotlin, Swift 両方を触れたのが大きい。 特にSwiftは3ヶ月ガッツリ書いたし、結構トリッキーな・技術的に難しいこともやったので、「理論的に可能なことは頑張ればできる」みたいな肌感を掴むことができた。 iOS開発をこの先やることがあるかはわからないけど、何が実現可能か判断できるようになったの嬉しいな〜

作った物

今年はあんまりソフトウェアを作れないな〜と思っていたのだけど、年末にガッと作ったREACT-VFXが思ったより良い出来になって面白かった。 1/11のKyoto.jsで紹介するので待っててね。

UnityMoGraphっていう、Unity ECSでモーショングラフィックス用ツール作ってるけどまだリリースできてない。 普通に自分のVJで使いたいから早く完成させたいんだけど、多分2月くらいかな……

総評

今年はじっくり腰を据えて武器を増やすような一年だった。歩みの遅さに焦ることもあったけど。

来年は行動をやりたい。